2017年05月05日

NEWフィアット124スパイダーはどうだろう

何で今この話題?と言われそうですが、本当は仙台のアバルトディーラーに
入荷してすぐに乗りに行ったんですね。
もう数ヶ月前の話です。
まあ蔵出しトーク的に聞いてください。
この車、マツダ・ロードスターND型がベースとなっていることは車好きの
間で周知の事実ですが、「マツダとどう違うのか」これは気になります。
元々はアルファロメオ・ブランドで出るはずだったんですから、親会社の
フィアット・ブランドで出てもイタリアンな美味しい所は作ってあるはず。
それがフィアット中でも一番ヤンチャなアバルト仕様で出ることで、嫌が
上にも期待は高まっていたのです。
価格は限りなく400万円に近いけど、これがアルファロメオで出ていたら
更に50〜100万は高かったはずなので、結果オーライと言えるのか。
お店の中で一番いい場所に置かれたイタリアン・レッドのアバルトは眩しか
った。
ショールーム内で見る限り、マツダNDと兄弟車とは思えない仕上がり。
ベースとなった約40年前の先代124のエッセンスを織り込みながら、今風の
スタイリングを実現しています。
更に先代を彷彿させる大型補助ライト装備のアバルトは日本には入れないと
のことでそこは少し残念!・・・っていうか、かなり残念!!
内装については申し訳ないけどマツダNDの完敗ですね。
黒と赤の凄みある組み合わせと内装材の質感はフェラーリを彷彿させます。
(実際の素材には雲泥の差があるとしても)
要所要所にサソリのマークが配置されるこいつに乗りたくてうずうず。
表にある試乗車はイタ車に珍しい白(ビアンコ)でしたが、そんなことは
もうどうでも良いです。
本日最初の試乗希望者(つまり私ですが)は、早速営業マンを隣に乗せて
ディーラーから出発します。
低速で走っていても存在感抜群のアバルトマフラーが最初から付いてますか
らそこの所は改造の必要を感じませんでした。
加速はどうかな? 営業マンに注意されない程度にでも時に大胆に加速。
さすがターボ付きなのでマツダNDよりパンチがあります。
そうなればブレーキが気になるぞ、ということで路面のギャップを避ける
ふりしてガツンといってみました。
新車でまだ当たりが付いていない状態ですが、オールブレンボのシステム
は制動力も丸です。
小径ステアリングのハンドリングは、やはり軽快で心地よい。
ターボ付きでエンジンが重いはずですが、これだけを乗っている限り全く
感じませんでした。
馬力は170くらいなので、このままで激速いというところまでは行きません
が私のミニクーパーS、175馬力と同等のレベルの加速力はあるでしょう。
だとするとオンザレールのスーパーFF車ミニクーパーとは正反対の性格
を持つFRのジャジャ馬(制御を切れば)になる可能性高し。
大変気に入りました。
でも例によって新車は高すぎるので、中古になって価格がこなれるまで気
長に待ちます。

*存在感のある面構え。でもボンネットに補助ランプが付いたアバルトも
 見たかった。誰か並行輸入しないかな。
013.JPG

*この角度だとマツダNDと兄弟だと分かるかも。
008.JPG

*使っている部品はさすがアバルト。メーカー純正改造車、エライ!
012.JPG

*マフラーだって社外品を付ける必要なし。だって音量タップリ・アバルトだし。
009.JPG

*インテリアだってこれですからね。400万は安いかも。(買えないけど)
016.JPG





posted by jukebox at 19:26| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

車も古くなれば壊れるものです

久しぶりに更新します。
自身初の英車、BMWミニのオーナーになって1年半が経過しました。
2008年式の割には走行距離が少なかったのでこれまでノントラブルで来ま
したが、5万kmを越えて遂にやってきました。
恐怖の「強制的純正部品交換ローテーション」の時期が・・・。
イタリア・フランス車のような壊れる前の強制タイミングベルト交換は、
ミニの場合チェーン式のために必要ないのですが(これはすごく嬉しい)、
エンジンルームには他の魔物がいたんですね。
ゴールデンウィークの遠出に備え、近くの峠道で走行チェックをしていた時
のことです。
ちょっと前からエアコンの調子が悪く、暖房にしても冷たい空気しか出なく
なっていました。
水温調整をするサーモスタットの故障に間違いないだろうことは以前に乗っ
ていたアルファロメオ156の経験から分かっていました。
ただすぐには走行不能にならないだろうと思っていましたが、今度はエンジ
ンがオーバーヒート気味になりだしました。
「これはまずいな」と車を停め、ボンネットオープン。
やっぱりか! 冷却水リザーバータンクにクーラントがありません!
ここは冷静に、ちょっとエンジンを冷ましてから緊急用に積んである真水を
注入(500cc)し、取り合えず走行可能な状態にもっていきました。
これで一番近くでクーラントを売っている店まで行って、規定量まで補充し
てやればしばらくは安全なはずでした。
それが甘かった・・・。  徐々に冷却水ダダ漏れ状態に!!
2Lボトルを2本分継ぎ足ししながらガレージ・エディフィスまで力走。
何とか到着し、チェックのためその日は車を預けて帰宅しました。
ネットで故障原因を検索すると、ありました。
プラスチック製のサーモスタット・ハウジングにヒビが入りそこから液漏れ
するのが定番の故障とのこと。
翌日サービスマンから告げられた状況も、これと一致するものでした。
即部品を注文してもらい、何とかゴールデンウィークには間に合いました。
元々このミニにはほぼ透明もしくは白のクーラントが入っていたことから、
残量の確認がしづらかったこともありますが、ドイツ車クオリティーの英車
を信用し過ぎた自分のミスでした。
トラブルはこれで終わりではなく、これが始まりと考えるのが欧州車乗りの
常です。
純正部品の交換時期は全てまとまってやってきます。(5万〜7万km)
同じエンジンルームにあるゴム・樹脂部品の総チェックが必要です。
冷却関係ではウォーターポンプ本体、ファンを回すベルト、その元にある
クランクシャフト・プーリーと心配の種は沢山あります。
特にプーリーは金属とゴムの剥離が定番的にある部品との事で、タイベル
交換級の深刻さがあります。
その他、足回りのブッシュもちょっとキテいるのか乗り心地がおかしく感
じます。
これはブルーになりますね、やっぱり。
同じタイミングで、消耗しきったタイヤを交換しまいたが、乗り心地は変
わらなかったので、ほぼ間違いなしです。
せっかくホットモデルのクーパーSなので、その性能を発揮させるためにも
早めに交換してやる方向で検討します。
これを乗り切ればしばらくは安心なんですけどもね。

*これがサーモスタット・ハウジング。
001.JPG

*角度を変えるとヒビから漏れ出たクーラント跡が分かります。
003.JPG

*昨年夏の蔵王朝練で走りこんだタイヤを脱ぎ捨て新品に。
 取りあえずダンロップDZ102というスポーツタイヤをチョイス。
 サイズは純正の195/55/16から205/50/16に変更。
 直径は少し変わるけど、いろんな種類を選べるからOKとします。
003.JPG






posted by jukebox at 07:57| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

ミニのイメチェン進行中

昨年末に納車された現在の愛車2008’クーパーS(R56型・あだ名はまだ
無し)のイメージチェンジが密かに進行中です。
ほんの繋ぎのつもりで買った車なのでフルノーマルで乗ろうと思っていま
したが、あまりにもかわいい外観&色使いのため女性からの受けは良いも
のの、男性からはよく煽られるのが難点でした。
買う前から多少は予想していましたが、ちょっと頻度が高いですね。
これまでの私の愛車を煽ってくる車はほぼ皆無でしたから、これは大きな
ストレスになります。
それでちょっと男っぽくイメチェンしたらどうなるかやってみようと思っ
たわけです。
先ずは昨年ミニカーの塗装で実験済みのルーフとミラーのブラックアウト
化を実行。
ルーフは通常の塗装はせず、最近流行りのカーラッピングをチョイス!
しかも普通の光沢ブラックでは面白くないので、色は違えどボディ色と同
じメタリック仕上げのブラックにしてみました。
ルーフスポイラーはクロスカーボン調とすることでカスタム感を演出。
しかもラッピングシートの単価は同じなので、とってもお得。
これは塗装を選択したらできない技です。
続いてミラーですが、私はミニのこの大きなミラーが嫌いです。
ボディサイズ:ミラー面積比が基本的におかしくかっこよくありません。
ちょっと小さすぎるんじゃないの?と思われるくらいがちょうど良いはず。
でもこのミラー台座の大きさと位置からして他社品に換えるのは難しいよ
うなので、最低限黒くすることで良しとしましょう。
最初はマッドブラックで塗装しようかと思いましたが、クロスカーボンの
カバーを付けてやることにしました。
これもちょっと前にダメになったルーフアンテナをカーボンのショートタ
イプに換えていたので統一することにしたのです。
これで今回のイメチェンは終了です。
次回はタイヤ・ホイルを含めて検討しています。
ホイルはガンメタを狙います。
中央2本出しのマフラーカッターもあのクロムメッキが良いのか悪いのか?
私的には焼けたステンレスが好みです。
車体中央の白いレーシングストライプもカラーチェンジしようか取り去ろ
うか検討中です。
しかし、この車本当に1/1のミニカーみたいな車ですね。
今朝若干本気モードで蔵王エコーラインを走ってきましたが、こういう所
ではやたら速いし、でも不満も残るのでそっちの改造もしたくなる、本当
に面白い車です。
本当に2年くらいで降りられるのか、ずっと所有するようになるのか、ちょ
っと楽しみです!

*これはイメチェン前のかわいい状態。白い部分が多いですね。
005.JPG

*これがイメチェン後の姿。
 カーラッピングを選んだメリットの一つがこれ。
 同じ価格でカーボンパーツのような風合いに。
 因みに施工して頂いたのは、以外にも近隣の角田市にあったお店。
 ”SOUTH UP”です。価格も塗装の70%くらいで済むし、飽きたら
 元に戻すことも、違う色に張り替えることもできるのが良い!
008.JPG


006.JPG
posted by jukebox at 10:03| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

遂に本物のミニまでカラーチェンジしちゃいます

春に近づきつつありますね。
どこの車好きもそろそろ動き出す季節です。
そういう私も、年末に導入したBMWミニ・クーパーSのイメージチェンジ
をどうしようか悩んでいましたが、遂にルーフとその周辺のカラーを変え
る決断をしました。
取り敢えず一般的な塗装と最近流行りのラッピングで見積もりを取ってみ
ました。
塗装だとルーフとリアスポイラー込みで8万以上、ラッピングだと6万前後
ということで、作業時間の短さや、気軽に張り替えが出来る手軽さで後者
に決めました。
あとは業者選びですが、以外にも地元にそういうお店があったので、試し
にここでやってみることにしました。
先ほど預けてきたのですが、とても仕上がりが楽しみです。
本体色がブリティッシュグリンということで、あまり突飛な差し色は入れ
られないので、無難に黒系(メタリックブラック)と周辺部品はクロスカ
ーボンという組み合わせで行きます。
因みにミラーにはラッピングできないそうで、ここは本物カーボンのカバ
ーを取り付けてみようと思います。
残る白のレーシングストライプについては、今回のラッピングの仕上がり
を見てから艶消し黒で貼るか、ストライプレスで行くかを決めます。
実に楽しい妄想の時間です。
車が仕上がったらまたここで発表しますね。
posted by jukebox at 22:04| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

今シーズン一回くらいはスノボに行くぞ!

実は2週間前にスキーで様子見に行ってきていたのですが、今年のスキー場
はスノボ比率90%以上とスキーヤーは肩身が狭い状況でした。
私もいつもならスノボを持っていくところですがご存知の通りビンディング
が壊れて乗れないので、やむなく整備もしていない飾り物のスキー板を引っ
張り出した訳です。
それにしてもワックスがすっかり抜けてしまった滑走面は驚くほど滑りませ
ん。
スキーブーツも硬くてなかなか履けなかったし、リフト4回をこなした頃に
はバックルの付け根が割れてしまいました
歴史的なヤマハのレーシングブーツが死んだ瞬間でした。
これで手持ちのブーツはこれまた伝説的な名器、ラング1足を残すのみとな
りました。
でもこれ以上の悲劇は繰り返せないので、遂にスノボを復活させることにし
ました。
以前に装着していたバートンビンディングのパーツ確認の結果、僅か4年で
パーツ供給が無くなり廃棄処分となりました。
勿論ラチェットバックルなどは他のモデルでも再利用できることがあるので
取っておきます。
今回手に入れたのはサロモンの新品です。
ブーツと同じメーカーだし、板と色も合うのに加え、これだけ安かった!
2月中盤と言えばシーズン終了間際、当然売れ残りということになります。
この時期に人気機種が残っている訳もないので、ここは割り切りました。
来週はいよいよスキー場に持ち込んで滑らせてやります。
因みに、私のクーパーSの雪上走行性能は良好です。
雪をかっぱいて豪快に登って行きます。
下りも良く効くブレーキのおかげで怖くないし、おそらく電子制御のおかげ
もあるんでしょう。
いろいろな所に電子デバイスが使われているハイテクマシンですから。

*早速買ってきたビンディングを取り付けました
デザインは以前のバートンよりも合っている気がします。
バックルなどは大分華奢になってしまいましたが、大丈夫かな?
001.JPG
posted by jukebox at 20:23| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

ドカティ・マイクヘールウッドレプリカのプラモ、その後

しばらくお伝えできなかったタミヤ製1/12ドカティ・MHRのその後に
ついてです。
このモデルは私が社会人になってすぐの頃一度組んだことがあります。
しばらくの間埃だらけになりながらも持っていたのですが、3度目の引越し
の時に壊れて捨ててしまいました。
その時にもすごく作りの良いプラモだなと思っていたし、私の中での名車
10選に入る、むしろトップ3に入るモデルだったのでもう一度作りたいと
考えていました。
勿論、今ではこのモデルでさえもミニカーが出ているのですが、高価だし
作る際のドキドキ感も味わえるのでプラモを選びました。
前回購入したタミヤ製1/12ドカティ・900SSのようなプレミアム価格に
なっていなかったのもラッキーでした。
最初は同モデルのNCRレーサー(今も売っているのか不明)のように、
フルカウルを付けないで飾ろうかと思い、しばらく放置していましたが、
せっかく下処理したし、色だけでも塗っておこうと思って完成品を横に並
べたのが運のツキでした。
どうしてもくっ付けみたくなりやってみたら、「うーむ、これだね。」と
唸らせる出来だったのでそのままの状態で飾ってあります。
今は名車トップ3が一緒に駐車してありLED照明バージョンのミニチュア
ガレージの照明を点けた瞬間は正に実車を保有しているかのような嬉しい
錯覚に陥ります。
それではそろそろ写真多目でお披露目しますね。
*出来上がったばかりのタミヤ製キット。やっと形になりました。
006.JPG

*私の好きなバイクトップ3が並ぶBOX内。
 バイク展示用の内装は今考え中なので天然木のベース状態そのまま。
002.JPG
007.JPG
008.JPG
009.JPG

*フルカウルを装着した状態。
 今はこの状態をキープしています。次に何を作るかは未定です。
008.JPG
posted by jukebox at 06:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

イタリア車乗りが感じたBMWミニという車・その3

ミニを操る時間が経過するにつけ、この車の限界がどこにあるのか知りたく
なってきました。
先ず頭に入れたのは、ターボラグが大きいということ。
そのターボは、一旦効き出すと止まらない性格だということ。
ブレーキローターが大きく、ストッピングパワーは十分にあるということ。
コーナーリングではタイヤに無理をさせている感が強いが、その実ダメージ
は最小限で済んでいること。
タイトコーナーの切り返しが異常に速いこと。
つまり3桁国道のような細い峠道、ジムカーナコースなどではかなりの実力
を発揮する車だと断言できます。
但しオルガン式のアクセルペダルは奥に引っ込み過ぎているため、足首の
堅い私のような人間にはヒールトォーが使えません。
そのためシフトダウン時にはミッションを壊さないよう配慮してやることが
必要です。
取り敢えず半クラッチをうまく使うことでカバーしてみようと思います。
まだノーマル車高なので少し腰高な印象はありますが、堅めの足と剛性の高
いボディのおかげで下りのツッコミも怖くありませんでした。
ロングコースの下りでどの程度ブレーキがもってくれるのか、それによって
は最高のイタ車と考えているランチア・デルタといい勝負が出来ると思いま
す。
夜の蔵王エコーラインを全力で下った時、おそらく15kmくらいは走ったと
思いますが、全くブレーキのタレは感じませんでした。
麓に着いて車を降りると、ブレーキローターが真っ赤に光るドーナツ状態に
なっていましたから(夜間に走るF1マシンなどがよくそうなっていますが)
限界に近かったはずです。
それにプラスして2速、3速の繋がりが良いギアレシオと、意外に少ないター
ボラグ、路面を選ばない4WDシステムで今でも公道なら勝つのは難しいと思
います。
但し、それはあくまで公道でのお話で、サーキット走行となれば路面は良い
し、車体も軽い、最新のブレーキシステムとサスペンションでタイヤの消耗
が小さいBMWミニに軍配が上がるでしょう。(ドライコンディションなら)
それでは走りの面白さはどうかとなれば、積極的に操る必要があるデルタと
ちょっと楽をして同じペースで走れるミニを平等に天秤にかけることは出来
ませんが、シチュエーション的にグラベルが得意な人はデルタ、ターマック
が得意な人はミニと考えれば自然な気がします。
走っているとき体感的により速く感じるのはデルタの方で、主に吸排気の音
やエンジンノイズ、加速Gなど五感を刺激されることによるものです。
ミニは車内の静粛性に優れ、排気音も吸気音も静かで空力も良く、風切り音
もしないのに加え、デルタほどシートに押し付けるような加速フィーリング
は無いのに結果的に速いという感じがします。
言わば優等生な車ですが、BMWの作ったスポーツ車がその程度な訳はないの
です。
きっともっと追い込めば、本性を晒す瞬間があるはずです。
こうなれば冬のお楽しみ、圧雪路面で限界性能を試すしかないと思っていま
す。
そろそろスキー場にも雪が豊富になる頃なので、スキーのついでに遊んで来
ようと思います。(スノボはビンディング破損のためおやすみ中です)

*用語解説*
1 グラベル:ラリー用語でいう不整地路のこと。
2 ターマック:ラリー用語でいう舗装路のこと。











posted by jukebox at 20:54| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする